TL漫画『ダークヒーロー君の獲物』|あらすじ感想|第2巻

こんにちは!
いつも元気なエッツンです。

HなTL漫画を読んじゃいました。

最近TLがマイブームです。

 

ダークヒーロー君の獲物

ダークヒーロー君の獲物

 

無料立ち読みはこちらから入れます。

➡ 『ダークヒーロー君の獲物』 無料立ち読みはコチラです。
『 ダークヒーロー君の獲物 』と検索して下さい。

 

 

あらすじネタバレ感想

弟とヒーローショーを見に行った主人公。

ショーに出ていた鈴木さんは、実は妊婦さんでした。

 

鈴木
「早く代わりが見つかればいいんですけどね」

 

主人公
「それ、私でもいいですか?私やってみたいです 司会役!」

 

ヒーローの人とお近づきになれるかもしれない…そんな下心もあって、主人公は鈴木さんに提案します。

 

そこへ…「いや素人にはムリだろ」

と、ガタイのいい人が割り込んできます。

 

主人公
「やってみなきゃ わからないと思いますけど」

 

 

主人公はかちんときて、ムキになって言いました。

 


「失敗してからじゃ遅いってわかってんのかな?」

 

主人公
「失敗しなきゃいいんですよね!?」

 


「素人が簡単にできる程甘くないと思うけどな!」

ほぼ初対面なのに主人公と男が言い合っていると、

 

プロデューサー
「うん 採用」

 

プロデューサーがその様子を見て横から割り込んできました。
物怖じしないで彼に反論できる度胸を買われたようなのです!

 

主人公
「やったあ!!」

 

主人公は大喜び。弟も尊敬の眼差しで主人公を見ます。

 

「咲山 小春(さきやま こはる)です!よろしくお願いします!!」

 

元気よくあいさつする主人公・小春。キャスト陣も喜び合っています。

 


「…オレは認めないからな… 絶対反対!!」

 

小春
「意地でもやりますから!!」

 

先ほど言い合いをしていた男だけは、喜んでくれませんでした…。

 

 

 

 

家でショーの予習用DVDを見た後、初めてのショーの日!
軽くリハをして、大丈夫なら一人で本番を任せてもらえることに。

 

キンチョーしつつ、やっぱりガンライダーの「中の人」が気になる小春は、鈴木さんに、ガンライダー役の、さわやかなイケメン・東 俊之(あずま としゆき)を紹介してもらいました。

 

自分で「ヒーロー顔」とか言っちゃうくらい、イケメンだけど、ちょっと勘違いヤローです…。

 


「あ!素人」

 

そこにまたもケンカを売ってくる男が…。
彼はハンドロック役の佐渡英司(さどえいじ)でした…。

 

小春
「あー やっぱりお似合いですね 悪役」

 

と、小春は思わず本音が出てしまいます。

 

英司
「…辞めんなら今のうちだぞ。緊張して使えないなんて 話にならねぇからな」

 

直前まで嫌味を言ってくる英司…。

 

小春
「私、ヒーロー役の人とお近づきになりたいし!
あの時私を抱えて運んでくれたのって東さんなんでしょ?
カッコよくてホレました!」

 

小春はそう言って、きゃ、と頬を赤らめてぶりっ子します。

 

小春
「というわけでヒーローじゃない佐渡さんには興味ないんで絡まないでくれます?」

 

英司
「お前ホンットに嫌な奴だな!」

 

小春
「嫌いで結構!」

 

はじめは緊張していたけれど、本番になると、小春はノリノリで「おねえさん」をこなします

イヤミを言われて闘志が湧いたそう…。

 

小春は無事、ショーを終えられるのでしょうか?!

 

<<感想です>>

2話目にして、やっと主要キャラの名前が明かされました。
このまま名前が出なかったらどうしようかと思いましたが、そんなことはないですよね…。

 

はじめはお互い嫌いだったのに、だんだん意識し始める…という王道パターンが、ちょっと見え隠れしていて、楽しくなってきましたね。

 

佐渡さんのドSっぷりが発揮されるのはいつでしょうか…。
次回くらいには、もう少しきゅんとしたいですね!

 

無料立ち読みはこちらから入れます。

➡ 『ダークヒーロー君の獲物』 無料立ち読みはコチラです。
『 ダークヒーロー君の獲物 』と検索して下さい。

 

 

 

 

コメントを残す