『絶倫ハーフとルームシェア』|ネタバレ感想|第六話 同じところばっかり舐めないで…っ

こんにちは!
いつも元気なエッツンです。

HなTL漫画を読んじゃいました。

最近TLがマイブームです。

 

絶倫ハーフとルームシェア~えっ…同じベッドで毎晩一緒に?~

絶倫ハーフとルームシェア

 

➡ 『絶倫ハーフとルームシェア』無料立ち読みはコチラです。
『 絶倫ハーフ 』と検索して下さい。

第六話 あらすじネタバレ

 

前回、ルームメイトのユアンと、ついに最後までシちゃった主人公・高橋ミカは、会社から帰る途中、誰かが自分をつけているような気がするのです…。

どんどん足音が自分に近づいてきて、

まったく知らない人が、ミカの手を掴み、口を塞いで羽交い絞めにしてきました!

 

誰か

オラ こっち来いよ イイ思いさせてやっから

 

ミカは、人気のない場所へ連れ去られそうになったのですが、なんとかその人を振り払い、一目散に逃げ出します。

そこへ、ミカが遅いから迎えに来たというユアンが!!
ユアンの顔を見た瞬間、ミカは泣き出してしまいました。

 

ユアン

なにかあったの?

 

ユアンが尋ねると、ミカは震えながらもなんとか事情を説明します。
それを聞いたユアンは、ミカをきつく抱きしめるのです。

 

ユアン

大丈夫 僕がついてる

 

震え続けるミカをなだめつつ、冷静に行動をするユアンに、ミカはとても安心していました。
そしてミカは、ユアンが側にいて良かったと、心から思うのです。

 

家に帰ってシャワーを浴びると、暴漢に掴まれた腕が赤く痕になっていることに気づきます。

ユアンも気づいて、心配そうにしてくれました。

 

ミカ

ユアン君
迎えに来てくれてありがとう…
ユアン君が居なかったら私…

 

ユアン

無事でよかった…本当に…

 

ユアンがミカを抱きしめると、ミカは震えが止まってとても安心できました。

 

ユアン

今日はゆっくり休んで
僕はリビングのソファで寝るから

 

ユアンはミカをベッドに寝かせ、優しく頭を撫でてくれます。

 

ミカ

一人になるの怖くて…傍に
居てほしい…の…

 

ミカはユアンのTシャツの裾を引っ張り、行かないで、とおねだりするのです。

 

ユアン

いいの?あんな事あった後だし…嫌じゃない?

 

ミカ

いい…よ
ユアン君にいっぱい触ってほしいの

 

ユアンはミカを押し倒し、そのままミカの胸にたくさんキスをします。

 

ミカ

ユアン君の手 大きくてあったかくて 安心するの…

 

瞳をうるませて言うミカの体を、ユアンは、強くつまんだり、指でぐにゅぐにゅしたり、ちょっと意地悪をするのです。

 

ユアン

もうぐちゃぐちゃだ
それにまだ狭いけど昨日より柔らかくなってて…
You look so delicious (すごくおいしそう)

 

そう言ってユアンはペロリと舌なめずりをし、ミカのアソコをぺろぺろ!

ミカは指と舌がナカで動いて、とろとろになってしまいます。

 

ミカ

やめてぇ おかしくなっちゃっ…

 

ユアン

そんなにキモチイーんだ

 

どんどん激しくなっていき…、

 

ユアン

ホラ イッて カワイイ イキ顔 僕に見せて

 

その言葉の直後、ミカはイッてしまったのです…!

 

ユアン

本番はこれからだよ

 

『絶倫ハーフとルームシェア』 第6話感想

基本的に、こういう強姦的なトラブルは嫌いです…。
マンガだとしても…できれば…。

でも、こういうのがあると、相手のことがどんなに好きかとか気づかされるし、何より、えっちが盛り上がる!!ので、

このくらいの完全に未遂!って感じであれば、マンガではありかな、っても思います。

 

今回、ミカさんはとても怖い目に遭って、ユアン君がルームメイトで本当によかったと感じ、また、ユアン君に抱きしめられるととても安心する、ということに気づきます。

 

そして、可愛く裾を引っ張る!!

 

これでぐっとこない男子はいませんよね…。きっと。

次回の「本番」、楽しみです!!

 

 

 

➡ 『絶倫ハーフとルームシェア』無料立ち読みはコチラです。
『 絶倫ハーフ 』と検索して下さい。

 

 

 

コメントを残す