『制服プレイ~変態教師は私の伯父~3』ネタバレと感想|本当はオジさんが大好き

こんにちは!
いつも元気なエッツンです。

かなりHなTL漫画を読んじゃいました。

 

 

『制服プレイ~変態教師は私の伯父~3』(作:将貴和寿)

2016y05m23d_210018446

前回、風邪をひいてしまった主人公・相田 椿(あいだ つばき)

変態ロリコン教師の門田 幸男(かどた ゆきお)は、椿の看病をして、自分も風邪を引いてしまいました。

 

幸男は帰り際、椿に、「もう無理やりはしませんから」と宣言します。

もともと嫌われているから、これ以上嫌われてもいいと思って無理やりシていたそうなのですが、本気で泣かれて想像以上に堪えた、とのこと。

 

幸男は思ったよりずっと、椿のことが大好きだったのですね。

「僕を好きになってほしいので、 椿が僕を好きになるまで我慢します」

 

幸男のこの宣言を聞いて、顔を真っ赤にして悪態をつきまくる椿に、キュンとしちゃいます。

ちなみに幸男はムラムラしています。
こういうところが、椿を怒らせる一番の要因なんですけどね。

 

 

季節は変わって、梅雨になりました。

椿が職員室へ行くと、幸男と音楽の長谷川先生がとってもいい雰囲気で、他の女子も二人が付き合っているのでは?と噂しています。

 

「我慢する」宣言から本当に何もしてこない幸男を少しだけ見直していたところだったので、この光景にちょっぴりショックを受け、椿はプリントを落としてしまいます。

一緒にプリントを拾おうとして、椿とちょっと手が触れる幸男。

幸男は椿に触れることを我慢しすぎて、ここ数日は椿と激しく愛し合い、求めあう…という夢ばかり見ていたため、手が触れただけで息子さんが元気になっちゃいました。

 

場面は変わって椿の家。
家政婦さんの話では、最近、椿の家の近所を不審者がうろついているとのこと。

両親は椿を心配し、幸男と一緒に住むことを決めてしまいます。

しかし幸男は、自分から断わりにやってきます。
椿は残念なような、傷ついたような顔してから、何でも反抗してしまう悪い癖により、不審者が捕まるまで、一緒に住んでもいいと言い出すのです!

幸男は椿に触れたくて限界なので、一緒に住むなんて、我慢できる気がしません。

「反対しないなら 今犯しますよ」

幸男は冷たい目をして椿を脅すのですが、幸男に対していつも反抗的な椿には逆効果です

 

椿を乱暴に抱えて、椿の部屋に連れていき、めちゃくちゃに犯してしまいます…!!
…という妄想をして、ニヤニヤします。ド変態です!

 

最終的に椿が観念して、一緒に住むという話はなかったことになり、幸男は自分の家へ帰っていきます。

 

 

その後椿は、幸男に弄ばれたイライラを解消するため、不審者がうろついてると分かっているのに、夜中にコンビニに出かけてしまいます。

コンビニの帰り道、誰かにつけられていることに気が付く椿。

 

怖くなって走り出すと、偶然幸男が前からやってきて、2人はぶつかってしまいます。

 

ぶつかったときに捻った手首を、幸男は優しく手当してくれます。
椿は幸男のことを意識してしまい、いつもより過剰に幸男を避けるのですが、そんな椿を見てたまらなくったのか、幸男は椿に熱いキスをするのです。

家に二人だけ…逃げられない!!
椿はこの後どうなってしまうのでしょう?!

 

ガマンする、という宣言をしたので、今回は幸男の妄想エッチが炸裂しています。
幸男の変態成分がどんどん減少して、椿がただただスナオになれないだけ、という展開になってきました。
無理やりとか、変態さんとかより、純愛エッチの方が好きなので、この展開にはほくほくしておりますが、タイトルだけ見て期待しちゃった方には、かなり残念かもしれないですね…。

 

クリック!!>>>『 制服プレイ~変態教師は私の伯父~ 』無料立ち読みはコチラ!!
「 制服プレイ 」で検索して下さいね。

 

 

 

コメントを残す