『アイの契り』(作:将貴和寿)のネタバレと感想|任侠と結婚!?

こんにちは!
いつも元気なエッツンです。

ちょっとHなTL漫画を読んじゃいました。

 

『アイの契り』(作:将貴和寿)

スポンサードリンク


 

あらすじ・ネタバレ・感想

 

 

のんびりした性格すぎて仕事をクビになってしまった羽野 このみ

小学校、中学校と同級生だった日田くん(幹 栄樹)と、同窓会で久しぶりに再会しました。

たまたま、家事をするお手伝いさんの手が足りないということで、

このみは極道である栄樹の家で、住み込みで働かせてもらうことになったのです。

 

住み込みのお仕事の初日、大きな宴会が行われました。

このみは下っ端のヤクザさんに襲われてしまうのですが、間一髪のところで栄樹に助けてもらいます。

 

ここで、「このみちゃん」と「日田くん」は、小さい頃からのお互いの気持ちを確かめ合うのです。

 

 

 

このみは小学生の頃、お母さんを亡くしています。

その葬儀の際、泣いているこのみの側にずっといてくれたのが栄樹でした。

このみはこの時からずっと、栄樹のことを密かに想い続けているのです。

 

 

そして栄樹もまた、極道という家業のために他のほとんどの同級生たちには避けられていたのですが、いつも微笑みかけてくれたこのみに、とても励まされていました。

 

 

明確には描かれていませんが、お互いに初恋だったのかな、と思います。

 

 

「このみちゃん、ボクのお嫁さんになってください」

オールバックに、切れ長の目をしたインテリ風メガネのイケメンが、こんな可愛いプロポーズをしてきたら、ギャップ萌えしちゃいますよね。

この可愛さも、「あの時から好きだった」という感じを思わせます。

初恋は実らない、とよく言われるのですが、初恋を密かにずっと温め続けて結婚する、なんて、女子には憧れのシチュエーションの一つですよね。

 

プロポーズの後は、お姫様だっこのままベッドに直行です。

栄樹はいつもとても優しいのですが、エッチの時はちょっとだけ強引で、でもとても優しくこのみをリードします。

極道モノのTLは相手がドSというのが定番ですし、ドSを求めて極道モノを読んでいる方もいらっしゃると思いますが、このみののんびりした性格もあって、はじめてのエッチは、とってもほんわかしたエッチシーンになってます。

 

特に、このみが栄樹のメガネをとり、オールバックをくしゃくしゃにして、小さい頃の姿に戻すシーンは、キュンとしちゃいますよ。

 

 

また、だいたいのキャラクターが極道として生きているため、背中や腕のあたりに刺青を彫っているのですが、エッチの時には、その刺青もしっかり描かれています。

女性も男性も体のラインの描き方がとてもキレイですし、お着物の柄や刺青がとても芸術的なので、エッチシーンがちょっと苦手、という方にもおすすめかな、と思います。

 

特に男性の背中の刺青はとってもエロくて美しいです。

 

クリック!!>>>『 アイの契り 』無料立ち読みはコチラ!!

「 アイの契り 」で検索して下さいね。

 

 

『アイの契り』は全3巻発売しておりますが、組の本家の後継者の問題とか、栄樹のご両親の馴れ初めとか、栄樹の腹違いの弟や妹のお話しとかで、なんだかんだ20年くらいの幹家を描いています

 

栄樹とこのみは手首にお揃いの刺青を入れるのですが、ブレスレットのようでさりげなく、手を繋いだときに一続きも見えるようなデザインになっており、指輪よりずっと絆が深い気がして、ちょっと憧れてしまいます。

 

それと、栄樹の弟たちがとっても曲者かつカワイイです。

 

幹家の正統な後継者である良樹は、小さい時はとにかくこのみLOVEで、生意気だけどカワイイです。

大きくなってからは超オレ様になって、組の人たちが手を焼くのですが、傘下の組の娘である菊子と結婚して、オレ様だけど素敵な旦那様になります。

 

末っ子の一樹は、一歩引いたところから家族を見ていて、なにかしら企んでいるような、ちょっと冷めた子なのですが、たまに見せるくしゃっと笑った顔がとってもカワイイです。

 

もしかしたら他のTLに比べて、少しエッチシーンが少なく感じるかもしれませんが、その分お話しをしっかり楽しめる作品になっています。

 

極道のお話しではありますが、暴力シーンはそんなになく、人懐っこいヤクザがほどんどなので、極道とかちょっと苦手だな、という方も楽しんでいただけると思いますよ。

 

クリック!!>>>『 アイの契り 』無料立ち読みはコチラ!!

「 アイの契り 」で検索して下さいね。

 

スポンサードリンク


 

コメントを残す