『片づけられない私をみつめて』あらすじネタバレ|社会人時代その1|しみず宇海

こんにちは!
いつも元気なエッツンです。

久し振りに良い漫画を読みました。
読んで良かったなーって感じました。

漫画 片づけられない私をみつめて

f:id:ituitux:20160401195645j:plain

スポンサードリンク


 

あらすじネタバレ 社会人時代その1

➡小学校時代のあらすじはコチラ

中学校時代のあらすじはコチラ

主人公・桜坂のどかは高校専門学校を卒業し、親元を離れて社会人になりました。

相変わらずビクビクはしていますが、社会人1年目を無事に迎えられて…
会社では、「桜坂さん」って呼ばれています。

社会人になって、上司に褒められることが彼女にとってはモチベーションになっていました。
だから、更に一生懸命に仕事をする彼女。

同僚に合コンに誘われても、「仕事が終わらない」といつも断ってばかりいました。

 

会社では、学校の頃なんかと比べものにならないくらいやるべきことが多くて、疲れ果てて会社帰りに出掛けるなんてできない・・・

それに…今日こそは…家に帰ってやろうと決意をするのですが…1

 

 

何を決意するのか!?

ほのかの部屋はゴミ屋敷並みの汚さ…こんな部屋を人に見られたくない。

 

一生懸命に働く姿が上司・大内課長に認められています。
その大内課長から、

「桜坂のこと好きなんだ」

って告白されて・・・中学時代に上級生からラブレターをもらったことを思い出してしまいました。
でも、この人といれば何かを後回しにしちゃう、このだらしない性格が直るかもしれないって思って。
大内課長と付き合うことになりました。

大内課長と付き合いだすと、ほのかの残業はほとんどなくなりました。

大内課長と会社終わりにデートをするために、終わらない仕事をこっそり自宅へ持ち帰り、片づけるようになっていたんです。

デートを重ねるたびに、大内課長との距離も縮まっていくのを感じつつ、こっそり持ち帰った仕事を片付けるのに必死。

大内課長とデートするために業務をスピーディーにこなし・・・全く余裕がなくなって…ついには…

 

 

 

 

クリック!! >>>『片づけられない私をみつめて』無料立ち読みはコチラ!!

「 片づけられない 」で検索して下さいね。

 

スポンサードリンク


 

コメントを残す